♥甘美なる道楽♥  春蝶の部屋

美しいもの、豊かなものを求める日々の記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月の『女流義太夫演奏会』。

IMG_0685 2
お江戸日本橋亭で行われた「女流義太夫演奏会」に行ってきました。
演目は『鬼一』の「五条橋」、袖萩祭文、壺坂の沢市内と壺阪寺。
ちょっとゆっくり開演直前に行ったら、最前列しか空いてなくて、出演者との距離が2メートルくらいで、すごい恥ずかしかったです。
着物で行くつもりだったんですが、風邪のせいでまだ本調子でなく、とりあえずワンピースで。
IMG_0683 2
買ってまだ袖を通してなかった宗教画柄。天使がたくさん飛んでます。

『鬼一』の出演者さん、語り3名三味線3名が、日本髪を結って花かんざしを挿してました。
昔の娘義太夫みたいに華やか。
太棹三味線の腹にずんと響く音が心地よかったです。
私はこうして時々、音に(特に弦楽器)撃ち抜かれたくなって、ライブに行ってしまいます。

袖萩祭文の出演者も日本髪でした。
こちらは、両親と落ちぶれた娘が再会するつらいドラマなので、小紋の落ち着いた衣装。
髪の飾りも鼈甲で格調高く。

今年は少なくとも、2ヶ月に1度は女流義太夫に行こうと決めたので、まずは順調なスタート。
しかしせっかく支度しておいた着物、着ないのもしゃくなので、着て近所にお買い物に行きました。
IMG_0688 2
まあうちの近所は着物姿の人がうろうろしててもおかしくない場所なので。
いたって適当な着付けです。近所しか歩かないし。
市松柄の着物はポリの洗える着物。柄が好きです。ところどころ赤いのも。
半襟は手ぬぐい。帯は抹茶色の半幅。
これに黒いストールを巻いて出かけました。
近所にひょいと出かけるだけなので、帯まわりも凝らず。

何があったのか、高そうなお着物の、年配のかたがたがたくさんいてびっくり。
夕食の買い物をして帰りました。
ちょっとした外出にわざわざ着物って、めんどくさい?
いえいえ、何だか楽しかったですよ。
月に一度くらいは必ず着るようにしたいなあ。






スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

春蝶

Author:春蝶
美しいもの、楽しいものを集めた部屋。節操のない思考と嗜好の持ち主。歌舞伎/文楽/女流義太夫/江戸時代/宝塚/コミック/映画/舞台/日本のロック/おいしいもの/体にいいもの/コスメ/お洋服。薔薇/ガーデニア/シャネル/ジル・スチュアート/インゲボルグ/オッズオン/エクサントリーク/『おせん』/『×××hoLic』/諏訪部順一/池澤春菜/マクロスF/シェリル・ノーム。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。