♥甘美なる道楽♥  春蝶の部屋

美しいもの、豊かなものを求める日々の記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『昭和元禄 落語心中』2。

月夜のサアカスで読書、などと言いつつ、読んでいたのはコミックです。
120113com
雲田はるこ『昭和元禄 落語心中』2巻。
2巻の表紙は与太郎でした☆
亡き助六の芸にのめりこむ与太郎が、しくじって八雲師匠に暇を出され、話は助六と八雲の過去篇へ。

このお話の八雲師匠(若い時の名は菊比古)、私の学問の師匠の若い頃にちょっと似てます。
いえ、うちの師匠はもっと真面目で毒舌(?)なかたですが。

黙って座ってるだけで端正な色気がある八雲師匠(1巻の表紙がそうです)。
2巻では、「そん時ゃ諸共心中だよ」と言って、にたぁ~と笑うところがたまりません。
その色気は、花柳界の血からにじみ出るものなのですねえ。
時代とともに、伝統芸能は生き残りをかけて、それこそ心中する覚悟で取り組むことを要求されるんじゃないかなあ。
そしてそれは、実用性に乏しい「文学」という学問も同じではないかしら。

登場人物、さっぱりした小夏さんも好き。
和服の男の人の色香も素敵。

これもまた好きな落語マンガ『たまちゃんハウス』は上方落語の世界でしたが、こっちは粋な江戸の落語。
雰囲気がぜんぜんちがいます。
スポンサーサイト

Comment

江戸時代 

いつも朝に聞いているFMいわきで、江戸の笑い。という番組があるんですが、当時の川柳を解説しながら当時の生活や習慣などが解りやすく話されます。一度御聴取を。
  • posted by かんぞうさん 
  • URL 
  • 2012.01/14 20:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 江戸時代 

そんな楽しそうな番組を聴いてらっしゃるのですね。こっちでもキャッチできるかしら。川柳は江戸を知るには良い素材です。素敵な番組ですね。
  • posted by 春蝶 
  • URL 
  • 2012.01/14 21:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

春蝶

Author:春蝶
美しいもの、楽しいものを集めた部屋。節操のない思考と嗜好の持ち主。歌舞伎/文楽/女流義太夫/江戸時代/宝塚/コミック/映画/舞台/日本のロック/おいしいもの/体にいいもの/コスメ/お洋服。薔薇/ガーデニア/シャネル/ジル・スチュアート/インゲボルグ/オッズオン/エクサントリーク/『おせん』/『×××hoLic』/諏訪部順一/池澤春菜/マクロスF/シェリル・ノーム。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。