♥甘美なる道楽♥  春蝶の部屋

美しいもの、豊かなものを求める日々の記録。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての競馬at中山競馬場(2)

さてさて、次は第7レース。
ありすちゃんの王子様も、某名馬の子供も出ているのに、ちょっと浮かない顔。
「だって、名前が・・・・」
某名馬のお子さん、すごく微妙な名前だったのです。
それがお気に召さない様子。
そして私はまた、投票してみました。
IMG_0366 2
わが町浅草。そして騎手は某イケメン。これは買っとかないと。
結果は・・・・あまり上位にはいかなかったねえ。
私はべつに儲からなくてもいいから、もうちょっと頑張れよ、某イケメン。
ありすちゃんのために。
(しかし私はこれで確実に、ありすちゃんの魅かれるイケメンのタイプをプロファイリングできた。ふふふ。)

そしてこのへんから、ありすちゃんは某イケメン騎手への愛が止まらなくなり、私は私で馬の名前の面白さに思考が暴走を始めました。
「ねえ、トーセンリョウマのリョウマって、坂本龍馬だと思う?テニスの王子様だと思う?」
「う~ん、大河ドラマの影響ですかねえ。」
「ハンマープライスのお母さんはネットオークションだ!」
「ニシノオウガイのオウガイは鴎外からきてるのかな?あ、お母さんの名前がニシノマイヒメだ!」
ところで、この日最大のワタクシの盛り上がりは、思わぬ形で第9レースにやってきたのである。
「あ~っ!連銭芦毛(れんせんあしげ)の馬がいる~~~~っ!☆」
春蝶絶叫。
IMG_0370.jpg
名前はホウショウアマネちゃん。アメリカ生まれ。
「わ~~っ、ほんとだ~~!ホントに水玉模様だ!」
なんとかしてアマネちゃんをカメラに収めようと苦心。成功しました。

説明しよう。
『平家物語』に「敦盛の最期」という章段があります。
一の谷の合戦で、手柄を立てたいと思った源氏方の武将熊谷次郎直実は、立派な衣装の平家の公達が逃げるのを見付けて声をかけ、首をとって手柄にしようとします。さあ、首を取ろうと兜をおしのけたところ、現れたのは17歳くらいの上品な美少年。自分の息子と同じくらいの年の公達を、熊谷は助けようと思ったのですが、背後から味方が近付いて来たため、断腸の思いで首をとります。公達は平敦盛。笛の名手として知られた人でした。熊谷はこの出来事をきっかけに、武士をやめて出家します。
この絶世の美少年平敦盛が乗っていた馬が、「連銭芦毛」という模様なのです。
芦毛は白い毛に黒い毛が混じって灰色に見える馬。そして「連銭」は、コインがつながったような、大きめの水玉模様。ちゃんとそんな柄に馬が描かれている敦盛の絵もあるのですが、私はずっと疑問に思っていたのです。
「こんな水玉模様の馬なんて、本当にいるの?」
・・・・や~、いたねえ。本当にいたねえ。しかも上品だ。
ありがとう、アマネちゃん☆
良かったら皆さんも、アマネちゃんの画像を拡大してみてください。
ちゃんと水玉模様です。
しかし、写真とったはいいけど、とった場所が場所だけに、これこのままじゃ教育現場では使えないじゃないか!
わ~~~

その後、ありすちゃんがイケメンの乗る某馬に惚れるシーン(笑)を見守り、このレースを見届けて、さあ帰りましょうと。
グッズを売っているところに連れてってもらい(ここでもありすちゃんの熱狂ぶりをながめてニヤニヤ☆かわい~~んだからキミは。)、忘れずにあれを。
IMG_0373.jpg
G1焼き。中身はクリームです。
寒いときのあったかいおやつはおいしかった☆

というわけで、めいっぱい変な楽しみ方をした、はじめての競馬でした。
私の人生に、また新たな一頁が加わったのでした。

(後日、もちろん職場の同僚にも、アマネちゃんの写真を見せて自慢。しかし「使えない」で意見は一致。)

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

春蝶

Author:春蝶
美しいもの、楽しいものを集めた部屋。節操のない思考と嗜好の持ち主。歌舞伎/文楽/女流義太夫/江戸時代/宝塚/コミック/映画/舞台/日本のロック/おいしいもの/体にいいもの/コスメ/お洋服。薔薇/ガーデニア/シャネル/ジル・スチュアート/インゲボルグ/オッズオン/エクサントリーク/『おせん』/『×××hoLic』/諏訪部順一/池澤春菜/マクロスF/シェリル・ノーム。

最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。