FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by 春蝶 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に着物で上野へ。

Posted by 春蝶 on 19.2012 イベント道楽 4 comments 0 trackback
コミティアで受けた刺激が薄れぬうち、着物でお出かけをしてみました。
ずいぶん経っちゃいましたが、5月6日のお出かけです。
ものすごく久しぶりです。自分流に適当に着て。
120506kimono
コーディネートはこんな感じ。
リアルでもネットでも、「おねえさま」「ねえさん」と呼んでいただくことが多い私ですが、おそらく当てる漢字は「姐さん」であろうと思っております。
ええ、淡い色や、やさしく上品で高そうな着物が全くもって似合わないのですよ、ワタクシ。
この着物は国際フォーラムで月二回開かれている骨董市で、2000円くらいで買ったものです。
黒と赤をベースに、ところどころ緑とシルバーが入っているという、なかなかすごい柄です。
帯はポリの半幅帯。柔らかい素材で長め。
ほとんどリボン結びのように結んで、先をひっくりかえす?という適当で華やかな結び方にしてあります。
帯締めはちりめんを丸ぐけにした紐。青い蝶のブローチを飾りに。
120506ueno
行った先はこちら。ボストン美術館の日本美術コレクション里帰り展。
コンセプトがはっきりしていて、平安~鎌倉の仏教美術、絵巻物2作品、室町~江戸の装飾画、江戸の刀剣や小袖や能装束。そして、今回の目玉である、曽我蕭白!看板にも描かれている、大胆で愛嬌のある龍の絵がそうです。
面白い発見が。私、やっぱり江戸時代のものにかこまれているとすごく落ち着きます。特に狩野派や尾形光琳のド派手でキラキラな装飾画に囲まれていると、すっと不思議な落ち着きを感じます。決してリアルとは言えない人工的で様式的な自然の景物。それに囲まれると不思議に落ち着くのです。平安鎌倉の仏像や仏画より、ずっと安らかになりました。
やっぱり好きなのかなあ、様式美とでもいうものが。
そして曽我蕭白。あの迫力と愛嬌のあるタッチの絵がすごくパンクでロックでかっこいい!
しかも何とも憎めない愛嬌があって、素敵な絵でした。
この絵に囲まれた展示室もすごく楽しい気持ちになったなあ。

美術館で絵を見ると思うのは、こっちのエネルギーを吸い取って行く絵と、こっちに何かを与えてくれる絵があるなということ。
今回はいろいろもらった感じでした。

その後、「月夜のサアカス」でごはん。
120506saakasu
タイ風の焼きそばです。
香菜OKなので、おいしくいただきました。希望すればぬいてくださるみたいですよ。
着物姿で、大きなテーブルでご飯。しばらく本を読んだり、何か書いたり。
祭日なので、クラッシックメイドスタイルのウエイトレスさんが給仕してくださる。
リビングで仕事をしているという幸せな妄想。
そんな自己満足で充実した休日。




スポンサーサイト

「きもの番長」って素敵(コミティア100 その6)。

Posted by 春蝶 on 05.2012 本道楽 2 comments 0 trackback
おそらくイラストレーターさんが出店していたのだと思いますが、思わず買ってしまった本です。
一般書店でもあつかわれていると思いますが、イベントではポストカード付き。
120505com8
松田恵美『きもの番長』。

私の好きなタイプの着物の着こなしが満載で、すごく楽しい!
普段着と半幅帯が大好き。

ああ、連休最後は気候も良くなったし、着物着ようかな。
普段から着物を切る人になりたい。

FIELD OF ROSEさんの青い蝶(コミティア100 その5)

Posted by 春蝶 on 05.2012 ファッション 0 comments 0 trackback
樹脂で紋章風のアクセサリーをつくってらっしゃる「FIELD OF ROSE」さん。
今回は迷わずこのペンダントを買いました。
120505com6

だって、青い蝶なんですもの!
はい、ゲーム「ペルソナ」シリーズ、大好きです!

120505com7
着用写真。
何かちょっとまずい位置にくるような気がするけどいいや。
シャツの上から付けたりしましょう。

チョウチョ、デザインが好きなんでいろいろ集めているのですが、どうも最近、青い蝶が身の回りに集まってきます。
やっぱりペルソナ・・・・いやいや。
わたしのHNも「蝶」の字入ってるしね。

うつし世は夢ですものね、乱歩先生。
それはきっと胡蝶の夢。

会いたかった!アリタイの素敵なお二人(コミティア100 その4)。

Posted by 春蝶 on 05.2012 文房具 0 comments 0 trackback
以前、中野の素敵なカフェ「ミルククラウンカフェ」をご紹介しました。
その時のアリス展に参加していらっしゃったサークル「ARICE time」のお二人。
ほわんとかわいらしいkyu.さん(主に髪はピンク)と、クールでかっこいいcocoaさん。
お二人は「2.5次元アーティスト」と称してらっしゃいます。
コスプレイヤーさんでもあるのですよ~。
コミティアは基本コス禁止なので、今日は私服風のお衣装でした。
(でもkyu.さんの髪はピンク。)
120505com5
ずっと一方的にファンで、お会いできて嬉しかったです。
セラミックのオブジェやアクセサリーを作ってらっしゃるのですが、今回はお二人がキャラクターになったステッカーを3種類買わせていただきました。
文具やシール大好き☆どこに貼ろうかな。


あ、いただいた非売品のマグネットは、しっかりうちの冷蔵庫にくっついております。

しかしkyu.さん、かわいかったなあ。cocoaさん、かっこ良かったなあ。
kyu.さんの神楽ちゃん、cocoaさんの土方、生で見てみたいです☆

ソラムニア騎士団のアクセサリー(コミティア100 その3)。

Posted by 春蝶 on 05.2012 ファッション 0 comments 0 trackback
またまたおなじみのサークルさん。「ソラムニア騎士団」。
今回も徹夜で頑張ってらっしゃいました。
120505com03
新作のペガサスネックレスです。白っぽいシルバーのペガサスパーツに、青い石。
120505com4
着用写真。いっしょに付けてるのは前回入手したキャッツアイのネックレス。
一切ネットなどでの販売がなく、たまにヤフオクに出すくらいとおっしゃるので、希少価値も高いのです。
このペガサスのパーツももう入手不可だそうです。

ペガサスのパーツからなぜか「聖戦士星矢」の話や当時のジャンプマンガの話に。
年がわかるかしら?
実はワタクシ、年齢はわかりませんが、キャプテン翼の翼くんと誕生日が同じなのです。
(あと、『サクラ大戦』の神宮寺さくらちゃんとかね。)
そんな話でしばし盛り上がりました。

こちらのアクセサリーは男性にも人気があるのです。
ワタクシのすぐあとに、三日月にカラーストーンを付けたネックレスに魅せられた男性がいらして。
「一目惚れです!」と力強くおっしゃってました。
(目的語が無いと、「告白かあ~?」って感じの場面でした。)
いつ見ても、何だか不思議な魅力があるアクセサリーです。

the SEVEN POINTED STARさんの豆本(コミティア100 その2)。

Posted by 春蝶 on 05.2012 本道楽 2 comments 0 trackback
いつも繊細な心づかいが素敵なサークルさんです。
新刊が出ました!
120505com2
新刊は『お着物デエト日記』。
着物姿の女の子が、彼氏のクロネコちゃんとデエトしていろんなところへ行くという絵本。
表紙はアンティークのお着物の布でできていて、少しずつ柄の出方がちがいます。
そして今回の本は少し大きめで、角をまるく仕上げてあって、とてもやさしげ。
パッケージも、おまけにいただいた紅茶も、すべて違うお手製です。
そして実は・・・・本の奥付のところに、とっても素敵なものが封じ込められていて、「風流だな~」と思いました。ふふふ。

しかしクロネコくん・・・・素敵です。
こんな彼氏なら欲しい! LOVE!

急に暑くなった今日、お着物姿のchibinoraさんは相変わらずかわいらしいのでした。
秋葉原のカフェ話などさせていただきました。
あのブログ記事、早く書こう・・・・

FC2ブログ仲間としても、どうぞよろしくお願いいたします☆


満留賀さんで江戸の本(コミティア100 その1)

Posted by 春蝶 on 05.2012 本道楽 0 comments 0 trackback
コミティア100に行って参りました。
おなじみになりつつある方々にお会いするのが楽しみ。

まずは歴史分野のサークル「満留賀」さん。
120505com01
今回買った本を並べると、美少年と、イケメンと、もふもふした犬という、すばらしいビジュアルに☆

『為朝外伝 弓張月異聞』(イケメン)
『近世説美少年録外伝』(美少年)
『八犬伝贅言附言』(犬もふもふ)

絵師さんの美しい絵が光っております。

(ちょっとだけ解説すると、『椿説弓張月(ちんせつゆみはりづき)』と『近世説美少年録(きんせいせつびしょうねんろく)』はともに、『南総里見八犬伝』で知られる江戸時代の作家、曲亭馬琴の書いた小説です。)
今月は歌舞伎で『椿説弓張月』が上演されていることもあり、しばし歌舞伎のお話をしました。
ワタクシ、ここのところ歌舞伎に全然行けず、非常に寂しいのですが、恋しさで心がぶっちぎれる前に見に行こうと思いました。
最近、「仕事の国」とか「ジャージの国」でばかり過ごしているので(うそ。美しい青年たちの音楽にうつつをぬかしてはいる。)、そろそろ文学研究の国に帰りたいです。

あ~、江戸に帰りたいよう・・・・・(涙)
まずは何としてでも歌舞伎のチケットを!

五月の花。

Posted by 春蝶 on 05.2012 雑感 0 comments 0 trackback
あまりに更新をさぼるうちに5月に。
不本意だ。こんな状態は。
今日はいろいろ更新しそうなので、まずはちょっぴり。

お花の中で大好きなのが、薔薇とガーデニアです。
ガーデニアはアイコンにしてますね。
これは以前、裏原の道に植えられていたのを撮ったもの。
自分で栽培にチャレンジしましたが、うまくいきませんでした。

薔薇は今、ミニバラ4種とガーデンローズ1種を育てています。
こっちはすくすく健康に育ってます。
ガーデンローズはもう小さなつぼみがきてますよ。
五月は薔薇の季節だものね。

シャネルをはじめ、香水もガーデニアの香りを愛用。
あ。今日はココ・マドモアゼルですが。
  

プロフィール

春蝶

Author:春蝶
美しいもの、楽しいものを集めた部屋。節操のない思考と嗜好の持ち主。歌舞伎/文楽/女流義太夫/江戸時代/宝塚/コミック/映画/舞台/日本のロック/おいしいもの/体にいいもの/コスメ/お洋服。薔薇/ガーデニア/シャネル/ジル・スチュアート/インゲボルグ/オッズオン/エクサントリーク/『おせん』/『×××hoLic』/諏訪部順一/池澤春菜/マクロスF/シェリル・ノーム。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。