FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by 春蝶 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『3月のライオン』7巻。

Posted by 春蝶 on 31.2012 コミック 0 comments 0 trackback
120304lion
人と人とのかかわりが一層濃密に描かれた7巻でした。
私は野口くんと島田8段が大好きなのですが、今回たくさん登場していて嬉しかったです。
中学校のいじめ問題、とても興味深く読みました。
先生の側にも苦しみがあることが、ちゃんと描かれていましたね。
誰か一人の責任にしないで、ちゃんとチームで取り組む先生方の姿勢。
学年主任、かっこいい!

メインテーマにかくれて忘れがちですが、新キャラの櫻井岳人さん!いい味出してます。
スポンサーサイト

モルフォ蝶の指輪。

Posted by 春蝶 on 24.2012 ファッション 0 comments 0 trackback
120324ring
楽天のオウン・ピーというお店で良く買い物をするのですが、そこの看板商品のひとつが、本物の蝶の羽で作られているアクセサリーです。
いろいろあるのですが、青いチョウチョ「モルフォ蝶」の羽で作ったものがとてもきれい。
ある日、限定セールをやっていたので思いきって買ってみました。
届いて、箱をあけて、あまりの美しさに息をのみました。
光の当たる具合で、微妙にさまざまに変化する青。
青から紫まで、微妙に変化します。
自然のものって、こんなにきれいなんですね。
その美しさを借りていると思うと、身の引き締まる思いです。
あ、モルフォ蝶は絶滅危惧種とかではありませんので。
ちょうど指の幅と同じくらいで、身につけると指にぽつんと蝶がとまります。
うわ~、ちっちゃいのでいいからネックレスも欲しい!

MUCC

Posted by 春蝶 on 21.2012 音楽 2 comments 0 trackback
120321mu
アニメ『妖狐×僕SS』のオープニング『ニルヴァーナ』を歌っている、ヴィジュアル系のバンドMUCC。
気に入ったので、他の曲も聴いてみました。
『フォーリングダウン』という曲も気に入ったので、とりあえず2曲のCDを買って聴いています。
Voの達瑯さんの声が、かなり好きです。低めでよく響いて、ファルセットの使い方も好き。
ヴィジュアル系と言っても、超絶美形の人がキレイにお化粧しているというタイプではなく、昔ちらっと見たヴィジュアルが、目の周り真っ黒のメイクしててちょっと恐かったです。
そして面白いのが、逹瑯さん、ライブ衣装に振袖を使うんですよね。
こちら、サマソニのライブ映像ですが、『フォーリングダウン』を、赤地の振袖をまとって歌ってます。
女物の振袖、さっとひっかけて裾が下に付かないって、どんだけ背が高いんだ。(182センチですって!)

実はヴィジュアル系の音楽を聴くのは初めてです。
お友達に詳しい人がいるので教えてもらいながら、少しずつラルクアンシエルなども聴いてます。
あと、良く行くブティック、オッズオンの店長さんが好きだそうで。こちらからも教えてもらっています。

KONRONのシルバーアクセサリー。

Posted by 春蝶 on 20.2012 ファッション 2 comments 0 trackback
120320ak1120320ak2
昨年の秋、有楽町の丸井でゴージャスな薔薇のリングに出会い、自分へのご褒美にと買いました。
それがKONRONとの出会い。
女性が身につけても違和感の無い、少しやさしい、でもゴージャスなデザインに魅せられました。
その後、就職試験を受けるにあたって、お守りとして持っておくアクセサリーが欲しいと思い、今度は薔薇のペンダントを購入。
シャツの下、見えない所に身につけて臨んだ試験。
合格しました。
就職して1年が過ぎようとしています。
無事に過ごせて良かったと思っていた所、同じシリーズの薔薇のピアスに遭遇。
福耳の私にはちょうどいいバランスの薔薇です。

そしてちょっと普段使いできるものが欲しいと思って、新たに蓮のペンダントを購入。
泥の中から美しい花を咲かせる蓮。
仏様をお乗せする蓮。
そんな花が胸元に咲いているという浪漫。

goukの服。

Posted by 春蝶 on 20.2012 ファッション 0 comments 0 trackback
120320gouk
やっと世間でも梅が咲き始めましたね。
ずいぶんと遅いですが。
春の花を待って、goukの和柄。

和柄は大抵、赤系か紫系を着ます。
たま~にブルーやグリーンの寒色系。
goukの服は、歌舞伎や文楽を見に行く時、良く着ます。
そういう場に着物ではあまり行きません。
そんな場で、ご年配のマダムたちからじ~っと見られます、goukの服。
強いて言うなら裏原系の服なので、多分マダムたちはご存知無いのですね。
私は新宿丸井ワンで買うことが多いです。
お子さんのおつきあいでショップに来たお母様がうっかり買って行く姿を良く見ます。

『おせん』第二部5巻

Posted by 春蝶 on 10.2012 コミック 0 comments 0 trackback
120310osen
これを読むたび、「普段おっとり系で、肝心なときにびしっとものの言える人になりたい」とか「和服を自分の一部のように着こなせるようになりたい」とか思うのですが、玉砕しております。
ちゃんとものの本質を見抜ける人になりたい。
贅沢でなくてもいいから、心のこもった暮らしをしたい。
そんな風に思わせてくれるコミック。

今回はゆかたに関するお話が面白かったです。
「夏以外の時期に手縫いを入手。毎日着ては洗う。それを繰り返して育てる。」って、実際は難しそう。
でもこれ、リネン(麻)の育て方と同じですね。
パリッパリを着るだけが能ではないと。
一着くらいためしてみますか?

『LIAR GAME』14巻

Posted by 春蝶 on 03.2012 コミック 0 comments 0 trackback
好きなんですよ。
久々の新刊で嬉しい☆
120303liar
もともとコミック派だったのですが、途中でドラマ化され。
どちらも違う味わいがあって好き。
実はサントラCDを持っています。
追いつめるような音楽が好き。
最初の劇場版を見損なったので、今日のテレビ放映をどきどきしながら見てます。
新作の「再生」も見たいな。

初めての競馬at中山競馬場(2)

Posted by 春蝶 on 01.2012 イベント道楽 0 comments 0 trackback
さてさて、次は第7レース。
ありすちゃんの王子様も、某名馬の子供も出ているのに、ちょっと浮かない顔。
「だって、名前が・・・・」
某名馬のお子さん、すごく微妙な名前だったのです。
それがお気に召さない様子。
そして私はまた、投票してみました。
IMG_0366 2
わが町浅草。そして騎手は某イケメン。これは買っとかないと。
結果は・・・・あまり上位にはいかなかったねえ。
私はべつに儲からなくてもいいから、もうちょっと頑張れよ、某イケメン。
ありすちゃんのために。
(しかし私はこれで確実に、ありすちゃんの魅かれるイケメンのタイプをプロファイリングできた。ふふふ。)

そしてこのへんから、ありすちゃんは某イケメン騎手への愛が止まらなくなり、私は私で馬の名前の面白さに思考が暴走を始めました。
「ねえ、トーセンリョウマのリョウマって、坂本龍馬だと思う?テニスの王子様だと思う?」
「う~ん、大河ドラマの影響ですかねえ。」
「ハンマープライスのお母さんはネットオークションだ!」
「ニシノオウガイのオウガイは鴎外からきてるのかな?あ、お母さんの名前がニシノマイヒメだ!」
ところで、この日最大のワタクシの盛り上がりは、思わぬ形で第9レースにやってきたのである。
「あ~っ!連銭芦毛(れんせんあしげ)の馬がいる~~~~っ!☆」
春蝶絶叫。
IMG_0370.jpg
名前はホウショウアマネちゃん。アメリカ生まれ。
「わ~~っ、ほんとだ~~!ホントに水玉模様だ!」
なんとかしてアマネちゃんをカメラに収めようと苦心。成功しました。

説明しよう。
『平家物語』に「敦盛の最期」という章段があります。
一の谷の合戦で、手柄を立てたいと思った源氏方の武将熊谷次郎直実は、立派な衣装の平家の公達が逃げるのを見付けて声をかけ、首をとって手柄にしようとします。さあ、首を取ろうと兜をおしのけたところ、現れたのは17歳くらいの上品な美少年。自分の息子と同じくらいの年の公達を、熊谷は助けようと思ったのですが、背後から味方が近付いて来たため、断腸の思いで首をとります。公達は平敦盛。笛の名手として知られた人でした。熊谷はこの出来事をきっかけに、武士をやめて出家します。
この絶世の美少年平敦盛が乗っていた馬が、「連銭芦毛」という模様なのです。
芦毛は白い毛に黒い毛が混じって灰色に見える馬。そして「連銭」は、コインがつながったような、大きめの水玉模様。ちゃんとそんな柄に馬が描かれている敦盛の絵もあるのですが、私はずっと疑問に思っていたのです。
「こんな水玉模様の馬なんて、本当にいるの?」
・・・・や~、いたねえ。本当にいたねえ。しかも上品だ。
ありがとう、アマネちゃん☆
良かったら皆さんも、アマネちゃんの画像を拡大してみてください。
ちゃんと水玉模様です。
しかし、写真とったはいいけど、とった場所が場所だけに、これこのままじゃ教育現場では使えないじゃないか!
わ~~~

その後、ありすちゃんがイケメンの乗る某馬に惚れるシーン(笑)を見守り、このレースを見届けて、さあ帰りましょうと。
グッズを売っているところに連れてってもらい(ここでもありすちゃんの熱狂ぶりをながめてニヤニヤ☆かわい~~んだからキミは。)、忘れずにあれを。
IMG_0373.jpg
G1焼き。中身はクリームです。
寒いときのあったかいおやつはおいしかった☆

というわけで、めいっぱい変な楽しみ方をした、はじめての競馬でした。
私の人生に、また新たな一頁が加わったのでした。

(後日、もちろん職場の同僚にも、アマネちゃんの写真を見せて自慢。しかし「使えない」で意見は一致。)

  

プロフィール

春蝶

Author:春蝶
美しいもの、楽しいものを集めた部屋。節操のない思考と嗜好の持ち主。歌舞伎/文楽/女流義太夫/江戸時代/宝塚/コミック/映画/舞台/日本のロック/おいしいもの/体にいいもの/コスメ/お洋服。薔薇/ガーデニア/シャネル/ジル・スチュアート/インゲボルグ/オッズオン/エクサントリーク/『おせん』/『×××hoLic』/諏訪部順一/池澤春菜/マクロスF/シェリル・ノーム。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。