FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by 春蝶 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「潤う豆乳」入手。

Posted by 春蝶 on 22.2012 美と健康 0 comments 0 trackback
ミルククラウンカフェのイベントに参加しているALICE-time-さん。
不思議の国のアリスをモティーフにしたオブジェやアクセサリーの制作と、コスプレをなさっているかわいいお嬢さん2人組です。
声優さんやコスプレイヤーさんは、美と健康に関して学ぶことが多いので、じっくりブログを読むことが多いのです。
そんなわけでアリタイ(と略すんですって)のブログをチェックしていて、是非飲みたくなったのが「潤う豆乳」。
120121tou
三代目茂蔵豆富、存じ上げませんでした。不覚。
昨日、早速アメ横店へ出かけて行って、お買い物。
潤う豆乳以外にも、豆乳鯛焼きや木綿豆富を買いました。
潤う豆乳、コラーゲン入りです(うふふ)。
飲んでみましたが、私はかなり甘味を強く感じます。
豆の風味は強くないので、苦手なかたもいけるのでは?
1リットル袋入りで105円(だったっけ?)。
安くありません?
コーヒーにいれてカフェオレ・・・はちょっと苦しかったけど、紅茶に入れてミルクティはおいしかったです。
多分、スープやシチューにいれても美味しいだろうな。
関東・東京は直営店が多いですね。
通勤経路にたくさんあるので、買うのも楽。
お値段も手頃。
ちなみに鯛焼き、もちもちふわふわでおいしいです。ここ数日の楽しみおやつ。
スポンサーサイト

「ふりふ」のノート。

Posted by 春蝶 on 22.2012 文房具 2 comments 0 trackback
文房具が大好きです。
特に万年筆とノートが。
万年筆はラミーのサファリが大好きで、常に色違いのインクを入れた3本を持ち歩いてます。
スケジュール管理はほぼ日スプリング。
そして、日記とスクラップ帳を兼ねたA5サイズのノート。
サイズだけA5と決めて、歴代いろんなノートを使っています。
表紙が固いリングノートがベストですが、とりあえずいろいろ。
120118note
ポップな着物ブランド「ふりふ」がステーショナリーをつくりはじめました。
椿柄にはひっそりとウサギが、菊と藤柄にはちょこんとクロネコがいます。
実はこのノートはB6サイズで、いつも持っているノートより小さいのですが、あまりの美しさにやられました。
何に使おうかな。
小さいので、バッグに入れやすいです。
表紙もプラスチック製の透明なカバー付きで強度あり。

吉祥寺「カフェ・アマル」。

Posted by 春蝶 on 22.2012 カフェ・レストラン 0 comments 0 trackback
身体に疲れがたまりすぎていると感じた1月17日、吉祥寺のラフィネでほぐしてもらいました。
40分のコースでした。
施術してくださったかたに、「身体に疲れがたまりすぎていますよ」といわれましたが、その通り。
左右の肩の高さが違っている上、右手の肩甲骨の下は固すぎて指が入っていかないそうで。
思い当たることばかりだったので、反省。
ラフィネ、たくさんお店があるので、気軽に行けて便利です。
上半身だけでも、近いうちにまた行ったほうが良さそう。

軽くなったからだに、おいしいものをと思って、気になっていた「カフェ・アマル」さんへ。
120117am1
スパイスのきいたチャイが身体にしみます。
寒い日だったので、あたたまりました。
120117am2120117am3
カリフラワーのポタージュと、ディナープレート。
海老と野菜のクリーム煮、キノコとキャベツのマリネなどと、雑穀入りのごはん。
薄暗いお店の中で、ゆっくりごはん。

他のお客さんは何だかアートの香りがする若いかたが多かったなあ。
美術系か演劇系。すごくキラキラかわいいファッションの女の子2人組がいたり。
そしてここのカフェ、隣がスタジオ?劇場?
独特の音と熱気が感じられて、不思議。
リラックスできるけど、同時にエネルギーをもらえるような。
オーガニックな食事とお菓子。エスニックなものもたくさん。
ラフィネで身体をほぐして、アマルでご飯というコース、定番にできたらいいな。

中野「ミルククラウンカフェ」。

Posted by 春蝶 on 20.2012 カフェ・レストラン 2 comments 0 trackback
大好きなイラストレーター、SAKIZOさんの原画が見られる展示があると知って、中野の「ミルククラウンカフェ」へ。
120116cafe
寒さの中、光り輝くカフェを見付けてホッとしました。

行われていた展示は以下の通り。

Alice in Wondercafe
不思議のカフェのアリス展
2012年1月15日~31日迄

参加アーティスト様(敬称略)
・ALICE ~time~(オブジェ展示・アクセサリーと小物販売)
・SAKIZO(原画二点展示・イラスト集販売)
・夢幻堂(ドール・ドールドレス展示・パターンブック販売)
・aya(彩工房)(フェイクトランプクッキー・フェイクスィーツ全般展示)HPはこちら

かわいらしいカフェの中に、不思議の国のアリスの世界が!
ガトー・デ・ロワとミルクティをいただいて、ぬくぬく。
紅茶は鉄瓶でサービスされてました。さめにくくておいしい。
女の子の夢がぎっしり詰まっているようなお店でした。

オッズオンの服とブーツ。

Posted by 春蝶 on 20.2012 ファッション 0 comments 0 trackback
再び行ったオッズオンのセールで、
120114syu
ブーツを買っておいて良かったと思う、東京初雪の今日です。
そして今回はカッコイイ系の服を。
120114clo
長めのカットソー(グリーン)と黒い光る生地のパンツ。
こういうちょっとハードなのと、和柄・チャイナ柄が好き。
薄くて暖かい服は役立ちます。
パンツ、流行の形ではないけれど、はいた感じが良いので。

『LEGAの13』5・6巻。

Posted by 春蝶 on 14.2012 コミック 4 comments 0 trackback
やまざき貴子『LEGAの13』が6巻で完結したとの情報を得て、家でチェックしたら4巻までしか買ってなかった!
あわてて5・6巻を買って読了。
120114com
舞台はヴェネツィア、フィレンツェ。メディチ家とかローマ法王とか錬金術とか魔女狩りとか、そういったドラマチックなところ。
ひとことで言えば、軽薄で陽気な錬金術師レガーレの自分探し。自分の出生の秘密をあばいていくのだから、なかなかハード。
たくさんの友人や知人が命を落とし、投獄されたり命がけの恋をしたりしながら続くレガーレの冒険は、最後までとても楽しかった!ちゃんと人間関係の謎も解き明かされた。
アルフォンシーナとの恋も一件落着。

身分や結婚、いろんなことに縛られ、運命に翻弄されながら、最後まで頑張り通した登場人物たちが素敵だった。
特にアルフォンシーナとベアトリーチェ!当時の女性は結婚するまで自由が無かったとか、下の身分の男性と結婚できなかったとか、いろいろ制約があったらしいけど、まさに「女傑」といった感じの二人。
あ、2巻に出てきた海賊の妻ドンナ・テウタも好き。

華麗でハードな物語だったけど、やまざき貴子さんの繊細な描線の絵で、軽妙にかわいらしく、笑いを交えて表現されていて、適度に脱力できる楽しさがあった。
カラーのレガーレの瞳の色が、とってもきれいで好き。
衣装もきれいでした☆

『昭和元禄 落語心中』2。

Posted by 春蝶 on 14.2012 コミック 2 comments 0 trackback
月夜のサアカスで読書、などと言いつつ、読んでいたのはコミックです。
120113com
雲田はるこ『昭和元禄 落語心中』2巻。
2巻の表紙は与太郎でした☆
亡き助六の芸にのめりこむ与太郎が、しくじって八雲師匠に暇を出され、話は助六と八雲の過去篇へ。

このお話の八雲師匠(若い時の名は菊比古)、私の学問の師匠の若い頃にちょっと似てます。
いえ、うちの師匠はもっと真面目で毒舌(?)なかたですが。

黙って座ってるだけで端正な色気がある八雲師匠(1巻の表紙がそうです)。
2巻では、「そん時ゃ諸共心中だよ」と言って、にたぁ~と笑うところがたまりません。
その色気は、花柳界の血からにじみ出るものなのですねえ。
時代とともに、伝統芸能は生き残りをかけて、それこそ心中する覚悟で取り組むことを要求されるんじゃないかなあ。
そしてそれは、実用性に乏しい「文学」という学問も同じではないかしら。

登場人物、さっぱりした小夏さんも好き。
和服の男の人の色香も素敵。

これもまた好きな落語マンガ『たまちゃんハウス』は上方落語の世界でしたが、こっちは粋な江戸の落語。
雰囲気がぜんぜんちがいます。

1月の『月夜のサアカス』のケーキ。

Posted by 春蝶 on 14.2012 カフェ・レストラン 0 comments 0 trackback
時間が空くと行って、本を読んだり、ものを書いたり、考え事をしたりするカフェ。
私にとって、『月夜のサアカス』はそんな場所です。
(場所などはリンク先でご確認ください。)
ちょっと仕事が早めに終わった先日、なごむために行きました。
月替わりの食事とケーキとスープがあるのです。
今月のショートケーキは「小豆と苺のショートケーキ」。
120113sa1
きな粉のスポンジにきな粉クリーム。クリームに小豆が入っていて、苺もサンド。
スポンジはふわふわというより、ちょっとしっかりめで、きな粉の香ばしい風味がきいてます。
クリームも少し固めで、甘さはひかえめ。「クリームを食べる」という感覚。
和風のケーキに、苺の甘酸っぱさがアクセント。
十分味わえる量で、食べごたえがありました。

食べながら読書して、結局夕ご飯もここで食べちゃった☆
それはまたの機会に。

オッズオンの服。

Posted by 春蝶 on 12.2012 ファッション 0 comments 0 trackback
普段着にちょうどいいのと、テイストが好きなので買ってしまう、オッズオンの服。
120112close
チャイナも和柄も大好き。ここの和柄とチャイナはかならずチェックします。
画像はチャイナのジップアップカーディガンと、シャンデリア柄のワンピース。
今年になってから買ったものです。
私、オッズオンのワンピースをものすごくたくさん持ってる。
楽に着られるから。

吉祥寺「月和茶(ゆえふうちゃ)」。

Posted by 春蝶 on 08.2012 カフェ・レストラン 0 comments 0 trackback
吉祥寺で中国茶の飲めるところを探していて、見付けたお店です。

年末にテレビで藤原紀香さんを見て、薬膳に凝ってらっしゃることを知り。
美容と健康のために道楽する気になったのです。
最近は出かける前に、薬膳など、体に良いものが食べられるところを探します。
120107yue
ここは台湾茶のお店なのですね。
行った時間がお昼時だったので、ルーロウハンのセットをいただきました。
120107yue2
最近、コラーゲン不足も感じているので、動物性脂肪も必要。
煮卵の味もおいしかった☆
重くない量。濃すぎない味。お肉のスパイス、私は結構好き。サラダもたっぷり。
今回はお茶のメニューを横目で見て帰ってきましたが、次回はお茶とデザートに挑戦します!

吉祥寺と新宿、カフェ情報募集中でございます。
体に良い食べ物にも、挑戦いたします。

甘い道楽の世界へようこそ。

Posted by 春蝶 on 08.2012 御挨拶 4 comments 0 trackback
こんにちは、春蝶です。
いろんなことに興味がある道楽者です。
美しいデザインにひかれて、他所から引っ越してきました。
ここはそんな、私が素敵だと思うものの記事を公開する場所にしたいと思います。
どうぞよろしく☆
  

プロフィール

春蝶

Author:春蝶
美しいもの、楽しいものを集めた部屋。節操のない思考と嗜好の持ち主。歌舞伎/文楽/女流義太夫/江戸時代/宝塚/コミック/映画/舞台/日本のロック/おいしいもの/体にいいもの/コスメ/お洋服。薔薇/ガーデニア/シャネル/ジル・スチュアート/インゲボルグ/オッズオン/エクサントリーク/『おせん』/『×××hoLic』/諏訪部順一/池澤春菜/マクロスF/シェリル・ノーム。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。